ぼくたちは勉強ができない 6巻 感想 「姉よりも優しくて厳しい美春」

桐須先生だけいないだと…。

でも読み返したら文乃って一番表紙で優遇されてるね。

大体彼女がいる時は最前面にいることが多い。

まあこの4人だったらダントツで文乃が可愛いからむしろ喜ばしい事なんだけど。
無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ぼくたちは勉強ができない 6巻の感想

うるか呼び、うるかアイ。(問43)

5巻はうるか回の途中で終わってたね。

通ってた中学で想い出語り合うとかうるか以外のヒロインでは不可能なやつ。

裏を返せばうるかは自分にしかない強みを使ってしまった感あるけど…。

 

ここで親父さんの件出してくるかあ。

回想であった中学時代の成幸、そんな落ち込んでる風には見えなかったけど。

でも今のテンションの高さを見ると確かにそう思えるような?

 

『嫌な気持ちにさせちゃったよね…』

ここでうるかが謝るところ、この子がつくづく良い子だということを認識させられるね。

成幸としては全くそんな気持ちにはなってなかったから尚更。

 

告白の練習を告白する相手にするという定番も定番な流れ。

うるかアイの成幸、なんか初期の成幸に似てる?

初期はこんな風に目が細くてキリっとしてた印象があるし。

 

『もう一度やってみようか』

ああ、成幸は成幸だった…。

うるかの無茶ぶりに即対応した時はおや?良い雰囲気じゃないかと…。

 

『あれェ?下の名前で呼んでくれるんじゃないの?』

いいじゃんうるか。そしてこの呼び方を執着するところ素晴らしい。

やっぱラブコメはこうじゃないとね。

初っ端から名前呼びだと段階がないというか進歩が見えにくいというか。

 

おまけページ、宿直のマッスルゴトーこと後藤先生。

まさか気付いていたとは。

まあプールで結構大きな声出して多っぽいしそりゃあそうか。

こういうおまけページの使い方が一番読者としては嬉しいんだよね。

マガジンのおまけページ無い構成を散々見てるから。見習ってほしい。

強く生きるしかない文乃。(問44)

『限りなくBといって差し支えないA…かな』

4巻28話を思い出す流れ。

このコンプレックスは文乃にしかないものだから…。

しかしアンジャッシュ風な構成だね。

理珠からしたら一切悪気なく評価の話してるだけなんだけど

文乃からしたら全力で煽ってるようにしか見えないという…。

お?久々に1ピコメートル出た。

 

対成幸で逆転するってところは新しいかなあ。

そして何より『今見ましたね』。

理珠はこういう予期せぬ言動してくるから読んでて読めない。

 

またもやおまけページが素晴らしい。

一切出ていない桐須先生とか素晴らしすぎる…。

そして一応理珠に軍配が上がるのね。

というか理珠が規格外過ぎる…。

やっぱり姉そっくりな美春。(問45)

と思ったら桐須先生出すあたり流石というか。

これより大きいとか理珠おかしいだろ…。

というかこれで十分では?いや十分すぎる?

美春って名前と会話から妹かね。

真冬と美春、そうとしか思えない。

字面からして厳しい(けどポンコツな面ある)桐須先生とは真逆な予感。

 

アパートの前で落ち込んでる先生とそこに通りかかる成幸。

もはや様式美ですね。何回見ても良い導入の仕方。

 

『今夜妹さんが来るので』

予想当たってた。まああの会話と名前で妹以外だったらそれこそ驚くか。

 

重い家具を難なく動かくところを見ての桐須先生。

うーん。難攻不落と思ってたけどあり得るのか?

でも色々と厳しいご時世だし、難しい立場なのは変わらないか。

まあ先生辞めれば万事解決なんだけどそれでは桐須先生じゃなくなっちゃうし。

 

通販の箱。何が入ってるか気になるなあ。

焦りながら『さすがに自分でたたむわ』だから見られては困る系か?

 

美春登場、早かったね。

『姉さまっ!一日千秋!ちょっと早いけど来ちゃいましたー!』

うん。この一文で彼女がどういうキャラなのか一目瞭然。

外見は桐須先生そっくり。違うところは四字熟語なところか。

これ筒井先生大丈夫なんだろうか。

彼女が話を切り出すたびにそれに関連する四字熟語選定しないとだから負担ヤバそう。

登場して2ページ目で『画蛇添足』とかいう知らないヤツ出てきたし。

いや単に私の知識不足なだけか…。

 

美春の着替え(未遂)。ぼく勉って直接な描写意外にないなあ。

ラブコメなんだからそこらへんもう少し寛容にお願いしたい。

 

『私の尊敬する完璧な姉さまに限って苦手なものなど存在しません』

ああやっぱ内面もそっくりだ。ゴゴゴゴって効果音ないだけマシか?

二十歳な美春。(問46)

まさかの一話完結じゃないというね。ありがとうございます!

美春の特性上出しにくそうだから出番ある時に沢山出てもらいたいし。

しかし美春って何歳なんだろう。

成幸たちが高三=17か18歳。

あしゅみー先輩が1つ上だから18か19歳のはず。

女子大生ということはあしゅみー先輩と同年齢の線もありそうかな。

一番知りたいのは桐須先生の年齢なんだけど。

 

しまったではなくしまりました。

ぼく勉では貴重な?敬語キャラ。いや理珠がいるか。

でもこの感じだと理珠よかずっと好きかなあ。

 

成幸、躊躇なく『美春さん』呼びとは中々やるなあ。

うるかの時は少なからず意識してたからああなったのか。

 

缶切りの件、成幸過保護過ぎ…。

と思ったけど皿洗いしてて普通に落として割ってるんだよなあ。

本当桐須先生今までどうやって生きてたの…。

 

『え…えぇ二十歳になった記念』

思ったより早く年齢判明。

不明:桐須先生

20歳:美春

19歳:あしゅみー先輩

18歳:成幸・文乃・理珠・うるか・関城他

こうなるわけか。

今から他のヒロインとの絡みが見たくなってきた。

特に…あしゅみー先輩とかなあ。

 

おまけページ。

これは今後購入したもので悩殺しようとする美春回あると思っていいんですよね?

影の帝王。(問47)

おやちょっと毛色の違うお話。

影の帝王とかまた印象深いワード。

 

名前呼びこれでもかと詰め込んでくるね。

文乃→成幸くん

うるか→成幸

理珠→成幸さん

まあうるか除けば苗字呼びそのままだけど区別ついて良い。

 

あとはあしゅみー先輩なんだけど、後輩呼びが自然かつ定着しちゃってるからなあ。

あしゅみー先輩の髪型、素。(問48)

あしゅみー先輩回。

『三つ編みグシャグシャになっちまった』

!!

あしゅみー先輩は今後この髪型でお願いしますよ…。

こっちの方が断然良いんですけど、次のページでは戻ってるという…。

 

ボートから落ちたところ。

あの終始余裕なあしゅみー先輩が赤面だと?

それも演技ではなく素で。

これはさっきの髪型同様貴重だ。

今後もあしゅみー回はこういう場面あると嬉しい。

終始余裕でからかいまくりだと抑揚がないというか。平坦というか。

 

『さっき…ちょっとだけカッコよかったぞ さんきゅな』

成幸に指摘されてごまかしてるけどたぶんからかっての発言ではないよね。

定番の桐須先生回。(問49)

まあ大きさ、色とかで桐須先生だろうなとは思った。

桐須先生なら失くしても納得なポンコツぶりだし。

 

まあ流れは桐須先生回定番というか。

いつものお部屋から海に舞台が変わっただけ感はある。

さっきのあしゅみー先輩と比べるとどうしても見劣りはする。

 

それをカバーしちゃうのが桐須先生の魅力なんだけど。

『はァ…?』『憤懣』

ここらへんのキレ顔と

『あまりその…近くで直視しないでもらえるかしら』

ここのギャップがやっぱヤバい。

一周年。(問50)

祝!一周年!

作中では高三の夏休み中。

つまり卒業までで考えると折り返し地点はすぐそこかあ。

物語の性質上高校卒業で終わりそうだし、何より受験近くなったらシリアス一辺倒になりそう。

そこが問題。加えて先生と先輩は出にくくなるし。

 

ヒロインが男湯にってのはあんまり見ないね。

普通は主人公が女湯にって展開だし。

現に林間学校で似たようなやつあったし。

 

後で唯我にもってところの3人の表情が素晴らしい。

理珠だけ系統違って残念だけどまあ理珠がそういう表情するのは想像できないし。

 

1周年回だけど先生だけ出ないのは…。

まあ美春回も先生回のようなものだし出番多かったから妥当か。

二学期始まる、理珠の前髪。(問51)

ついに二学期始まってしまったか。

三学期は試験が大半を占めるだろうし、こんな緩い話もここまでなのかなあ。

 

理珠の前髪。うーん。どうなんだろう。

正直理珠はメガネを取ってくれとしか思えない。

あのメガネ無し回がそれほどまでに衝撃的だったのです…。

 

久々登場な関城、いいじゃん。

でも彼女はメインヒロインではなくサブヒロイン。

それも主に矢印が理珠に向いてるというね。

だから美春より今後の展望は暗いんだよなあ。

 

前髪の変化に気付かない成幸、やっぱ成幸は成幸…。

あれだけ露骨に長さ変わっても気づかないとかあり得るのか…。

普段全く興味ない、そう言ってるとしか思えない…。

 

おお、ここで名前呼びか。

一応47話では流れで言ってたからそれ以降初。

理珠ではなく理珠さんだった方が良かった気も…いや理珠が自然か。

読み終えて…。

うるか回、理珠回、美春回(先生回)×2、先輩回、先生回、(一応)文乃回、理珠回。

こうしてみると一応バランスよくメイン回が割り振られてる。

でもやっぱり先生回が多いね。

先生って立場上他のヒロインの絡ませることが難しいからこうなるのはしょうがない。

加えて美春という新キャラ出てきたから今後も多くなりそう。

 

5巻読了時点

文乃>先生>うるか、先輩、理珠

この6巻読了時点

文乃>先生>うるか、先輩、美春、理珠

どうしても理珠が一番下になってしまう。

加えて同じ敬語キャラな美春登場でもう…ね。

思い切ってメガネ取ってみましょうよ。そう言いたい。

 

美春が今後関城ポジになるのかメインヒロイン昇格なのか大いに注目。

後者であってほしいけど前者な気がするが…。

error: