出会って5秒でバトル 8巻 感想 「飯塚とショウの歪な関係」

3巻辺りからそろそろ魅音だろうと思い始めてた…。

ようやく魅音が表紙に。

間違いなくこの漫画のキーパーソンなのに最近そこまで出番ないね。
無料立ち読みあり(eBookJapan)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出会って5秒でバトル 8巻の感想

魅音と佐藤さん。(65)

そういえば長い長い3rdプログラムが終わって4thプログラムに突入してた。

やっぱワクワクするなあ。

あの閉鎖的な環境もそれはそれでよかったんだけど

3rd入ってから正直辟易としてたし。

なんといっても長い。もう少しテンポ良かったら…。

 

あれ白鷺ってもしかして?

『私のあとを任せたいとも思ったが…』

もうリーダーとして動けないって意味なのか、長くないって意味なのか。

白鷺本人の様子が明らかに後者っぽいんだよなあ。

まあ生きてたの?って思ってたしそうなったほうが自然と言えば自然。

 

12人に魅音が含まれてるのは意外かなあ。

あと一番不意を突かれたのは北島。

おいおいこいつが進んできてもどうしようもないだろう…。

でも雰囲気変わったから期待したい…。

 

!

2巻で名前だけ出てた佐藤さんがお顔公開とは。

うーん。

これだけだとオーラゼロかなあ。

 

66人中6人がラストに進める。

啓、優利、熊切、りんご、霧崎、香椎、万年青…。

主要キャラが6人より多いからまあ啓と優利以外は誰が脱落しても不思議じゃないかな。

それぞれの私生活。(66)

!

りんご、メガネを外す。

あの制服+メガネあってのりんごだったんだなあ。

メガネないとモブでしかないぞ…。でもない方が好き。

 

いいねこの感じ。

今までと違ってそのキャラの家なり私服なりが描かれてるから

少しではあるけどどういう人物か分かってくる。

熊切とか予想通りでしかないけど霧崎は意外だったなあ。

あの祖母ってそんな強いのか…。

 

まだ厄災の詳細が不明だなあ。

何らかの条件で発動し、介入してくるっぽい?

 

獅子堂。

広場にいた男は赤チームの幹部?

あれ?

過去形ってことは元幹部なのかなあ。

あの時幹部だったなら王様狩りに参加してなきゃおかしいし。

 

『泊まっていい?』

いいじゃんいいじゃん。

こういうのこそ醍醐味。

閉鎖空間にいたらまずなかった展開に満足とワクワク。

押しかけ女房。(67)

白鷺…。

やっぱ後者だったのかあ。

まあ最早驚かないけど。

 

『押しかけ女房かよ…』

優利、素晴らしい。

啓、羨ましい。

あの家庭環境だからなのがなんとも言い難いけど

この家事能力の高さは目を見張るものあるね。

 

優利の『すげー変な顔』。

言うほど変でもないのは偏見か…。

しかし啓の鈍さはどうしたものかなあ。

もう少し優利が報われる方向でお願いしたい…。

 

新キャラショウと誰か。

これは確実に他のチームの候補者だなあ。

ショウの能力えげつない…。

 

白鷺の犯した罪。

別にそこまで…じゃないような?

いやまあいかなる理由があっても…とは思うけど目には目をの精神アリだと思う。

夫婦。(68)

『嘘をつけなかった事がアキラの優しさなんだよ』

優利のこの理解者感良い。

啓を誰よりも理解してる…。

と思ったら白鷺のお言葉だったとは。

 

『リーダー俺…少しは恩返しできたかな…』

今思えば啓って白鷺の事随分と信用というか尊敬してたような?

啓の性格考えるに白鷺の人格あってのことだろうなあ。

りりあと歩くところ。完全に夫婦と子供の図。

 

ショウやっぱ強いなあ。

でも啓と優利のコンビに勝つことはないだろうよ。

問題は飯塚か。

なんかショウは飯塚に利用されてるだけっぽいんだよなあ。

自分がないっていうか。

回転と復活。(69)

回転運動と復活?の能力。

これ復活?側が隠れてるのが肝だね。

もし2人とも姿現してたらそっち側狙えばいいだけだし。

 

飯塚候補の3人。

どれもこれもまあよく居合わせたもので…。

こんな濃いお方が3人もとか絵面がね…。

素晴らしい能力。(70)

優利、よくもまあ少年を庇いながら戦えるね。

あの遊具とんでもない破壊力だよなあ。

触った瞬間即…だよね。

そう考えるとショウの能力って使い方多種多様だ。

 

!

啓なにやってんだ。

でも飯塚特定した=演技?

演技にしては迫真だったけど。

 

なるほど。

すぐに目を切ったのが特定した理由か。

あれほど切迫した状況でよくもまあ思いつくね。

久々に啓の頭の回転の速さを見た気がする。

 

『目の前で起きた事を無かったことにする』能力。

めっちゃほしい。

であご史上一番欲しい能力。

これさえあればあの時のアレをああして、とか色々できる…。

飯塚の魅力。(71)

『だからって考える事を放棄しちゃ人間じゃねえだろ』

おお良い事いうじゃん。

でも白鷺の件とか今の啓への言動とか。

どう考えても利用するための言葉にしか思えない…。

 

『モンスターが俺のロボットになってるだけなのによ』

…。

分かってはいたけど清々しいクズっぷり。

でもまあ先の黒岩や大神みたいなのよりは敵として魅力ある。

こういう漫画なら敵は突き抜けて悪の方が全然良いんだよなあ。

優利の心配。(72)

優利への要求。

中々冴えてるなあ。

飯塚は悪知恵だけは働くみたい。

 

ああ優利飲んじゃったよ。

これ飯塚の性格考えるならいつ作動させても不思議じゃないんだよなあ。

飲んだフリとかで…。

 

?

これはまた随分と呆気ない。

しかし啓は何枚も上手だね。

これで弾丸の懸念が払拭されたから良かったんだけど。

 

 

でかい。

大きい。

さっきまでの緊張感吹っ飛んだ。

でもこういうのあって良いんだよね。

むしろもっとあっても良いんだけど、戦闘入ったらなくなるだろうなあ。

 

『撃たれてるアキラを見た時…あたしがどんな気持ちになったと思ってんだ』

ここの優利、反則でしょ。

涙目の上目遣いとかそりゃあ啓も素直に謝るさ。

でも啓の超合理的なところ、大好き。

万年青の未知数さ。(73)

監視人の名前と顔が全然一致しない問題。

魅音以外誰がなんて名前か全然覚えられない…。

10人消えたみたいだけどいまいち状況がつかめないぞコレ。

 

『万年青の存在は4thプログラムに~』

万年青が強いのは分かってたことだけど監視人にここまで言わせるレベルなのか。

 

!

香椎もしかして退場?

今まで彼女は結構な強キャラの立場だったけど万年青とは相手が悪すぎる…。

読み終えて…。

4th始まって色々動いたけど監視人が覚えられない。

一応そこらへんは不得手じゃないと自負してたんだけど…。

この漫画もここまでこいつ誰だっけ?が無かったけどなあ。

3rdの緑も赤も幹部は大体覚えられたし。

 

飯塚とショウとの戦闘より啓と優利のイチャイチャの方が満足。

もっとページ数割いてやってほしいなあ。

error: