Dr.STONE 6巻 感想 「百夜から千空へのバトン、氷月とほむら」

断言できること。

今までで一番の表紙だと思う。

例によって残念な縁取りは続いてるんだけど。

何といっても背後の百夜。

そしてさりげなくいるカセキ。

5巻のも良かったけどこっちが好き。
無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Dr.STONE 6巻の感想

百夜から始まったバトン。(Z=44)

石化が南米=日本の裏側ってのが何かヒントなのか。

 

『オジサンあんたは息子がいるんだろ?』

シャミール良い奴。

そして短い間でもキャラを魅力的に描写するのが上手い。

ここらへんはアイシールドから変わらない稲垣先生の凄みだと思う。

 

『最悪の状況だろうがワンチャンス漁るだけだ』

百夜と千空って親子なんだなあと。

なんか色々と似すぎ。

オッサンになった千空を見てるかのよう。

行動力というか体力は百夜で知識は千空って感じだけど。

考えそのものが似てるんだよね。

 

地上降りてどうするのと思いきや3年経過とは。

しかもそれなりに繁栄してる。

 

『血は繋がってねーが俺の息子だ』

?

まさかの本当の親子ではないというね。

ここまでこの親にしてこの子ありを地で行ってるなあとばかり。

そうなってくると千空の実の両親って誰なのとか色々疑問が出てくるよね。

 

『繋ぐんだよバトンを』

良いよ。良いなあ。

こういうの最高に熱い。

奥にいるちっちゃな宇宙服姿の百夜達からコハクたちまでのこの画。

『いつの日か千空が目覚めた時絶対に仲間が必要になる』

どこまで大きく物事を考えられるのかだよね。

百夜はちょっとしか出てないのに大物感半端ない。

実際にこうして千空を助けてるってのがまたね。

もちろん漫画的なことは言うまでもないんだけど

それをこうして表現するって中々できることじゃないですよ。

千空の号泣。(Z=45)

ああ。扉絵がもう反則。

千空の背後の石神村の面々の百夜に対する敬意みたいなものがね。

特にコクヨウとマグマが印象的。

そしてある意味印象深いのは大樹かな。

一人だけ意味深な表情なのが気になる。

彼の性格ならもっと感情を前面に出しそうなものだけど。

 

『つまり私たちは皆千空の親戚なのか…??』

なぜそこで赤面してるんでしょうかね…。

なんか百夜と千空が血縁関係にないのってコハクと…いや何でもないです…。

 

『本当に旨かったよ笑えるほどにね』

シャミール…。

本当に好きになった。

最初は冷めてる若者の典型パターンだったのに。

キャラの魅せ方上手すぎる。

そして百夜のセリフを千空が達成してるってところがね。

 

『千空お前なら必ず……!!!』

なんか常時熱い。

ここまでハイテンポなのは1巻を思い出すなあ。

 

あ゛ぁ゛なつかしい

からの号泣だからなあ。

つくづく見せ方上手すぎる。

ルリが泣きながら立ち去るところも、月明かりが墓標を照らしてるところも。

満月が背景に描かれてるところも。

なんか百夜が見守ってるって感じが凄い伝わってくるというかね。

 

これにて第一章終了か。

思えば2巻で序章が終わってたね。

でも石神村入ってからのほのぼの感が無くなりそう…。

合理的だけど人間臭い。(Z=46)

氷月。

あのゲンがちゃん付け忘れるぐらいの切迫した状況。

とはいえ正直なところ氷月好きじゃない。

今のところは、だけど。

 

金狼を千空が助けるところ。

合理主義なはずなのにこういう人間臭いのが千空の魅力。

銀狼の『兄ちゃん』も素晴らしい。

 

おまけページのステータス。

案外コハクが強くない。

素早さ特化は知ってたけどパワーもっとあるかと。

氷月ってあの武器ありきの強さでは?

日本刀。(Z=47)

なるほど。

氷月は頭もキレるわけか。

でもやっぱ彼好きになれなさそう。

うーん。外見はともかく言動が鼻につくというか。

『ちゃんとする』を口癖にするのだろうか。

 

メガネ金狼。

悪くないけど戻して…。

決して悪くはないんだけど。

 

日本刀ときたか。

イメージ図ではコクヨウが一番強く見える。

というか彼はまだ動けるのか?

そしてコハクが艶やか。

氷月の評価。(Z=48)

日本刀って思えば日本人相手だと絶大だね。

方や石器だからそりゃあ恐怖するよ。

 

氷月強すぎ問題。

管槍を使いこなす技量はあるんだろうけど司に比べれば武器ありきに見えてしょうがない。

加えてこの言動だからやっぱなあ…。

 

『なんだバレてんのかもうさっすが氷月ちゃん♬』

思えばゲンも最初は微妙だったし盛り返すはず?

ほむらと嫌なヤツ氷月。(Z=49)

ほむら。

うーん。

これまた初見では微妙な。

なんというかね、百夜とシャミールが素晴らしすぎたってのもあるかも。

ほむらはコハクと似てるのもあるのかも。

 

毒ガスの件。

ここのハッタリ千空、蛭魔そっくり。

 

氷月がモブ兵士叩き落としたところ。

…。

なんかもう取り戻せないところまで嫌いになった気がする。

ここまで嫌な描写が重なるという事は和解ルートはなしでいきそう。

徹底的に叩きのめしてほしいです…。

新たなモノづくり。(Z=50)

『得意な武器を使っていいのなら~』

やっぱ素の武力はそこまでなんだろうなあ。

ここらへんが司との違いか。

口元隠してるのが何かキーかな。

 

司の謎理論再び。

もう勝手に言ってればいいよ。

 

『ケータイを作る』

!

ロードマップ!

これはサルファ剤みたいにこれから地道に作っていくってこと。

良かった。

なんか不穏な空気漂ってたからシリアス一辺倒かと。

これでコハク退場もなくなるし、もしかしたらずっと石神村から離れないかもしれないし。

わたあめ。(Z=51)

『ふわぁあぁああ!!』

ここが理想郷か。

スイカは置いといて、このコマのルリ・コハク姉妹がヤバ過ぎる。

やっぱルリ元気になって良かったなあと。

コクヨウにわたあめあげるコハク。微笑ましい。

これも千空のおかげなんだよなあ。

彼が来なかったらルリはもういないし、親子仲良くならなかったし。

 

『ほむらっつうのはどういうタイプの女か分かるか』

『君らは千空を知らなすぎる』

この理解度の高さ。

Dr.STONEは今後そういう描写あるのだろうか。

思えば百夜とリリアンもどうなったのか分からずだったし。

ああでも大樹と杠見ればありそうと思えてきた。

 

これは…ほむら寝返りパターンあるか?

でも氷月を信頼しきってる感じだしなあ。

彼らの関係を描写されるまでは分からないか。

文明発達しまくり。(Z=52)

『いやみじんもかまわないが?』

コクヨウ…。

でもこれがコハクの魅力なんです…。

 

ギアに水車、そして水力発電所。

この52話。

なんかスピード感半端ない。

あのロードマップ細かくやってたら長くなるからだろうけど。

個人的にはずーっとこの作風でいいんだけど。

 

しかしクロムは何気にチートだね。

水車思いつくとか発想力が凄まじい。

カセキと組めばなんでも生み出せそう。

読み終えて…。

開始2話の完成度が素晴らしすぎる。

もうそれだけでおつりがくるレベル。

そっからの氷月登場→不穏な空気であれ?様子が…だったけど、

スマホ製作でガラッと変わったね。

もっともっと長く作っててほしいけどDr.STONEはテンポ早いからなあ。

error: