【電子書籍】eBookJapanは品揃え豊富で何より背表紙表示が素晴らしい!!

もう200本以上になってるから今更って感じが強いですが

当ブログで感想を上げている漫画は全部電子書籍で購入しています。

電子書籍のメリットは何より場所を取らない、処分に困らないって点だと思うんです。

加えて購入して即読めるってのも大きい。

なので今は物凄い楽なんですよね。

そんな私が実際に使用している電子書籍サービス、eBookJapanに関してです。

eBookJapanへ辿り着いた経緯、メリット等を書いてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

eBookJapanへの経緯

紙から電子へ

以前は紙版ばかり集めていた私ですが、電子書籍へ移行するにあたって重要視したこと。

それと漫画の品ぞろえが豊富ということ。

もしここだってところに決めても、あとであの漫画取り扱ってないじゃんってなったら

この漫画はここで、あの漫画はあそこでとなり管理が煩雑となってしまいますからね。

 

あとは本の管理が楽で見やすいということ。

紙版のころは、本棚に並べた漫画の数々の背表紙を眺めるだけで満足することもありました。

電子書籍に移行しても同じような管理の仕方ができたら最高だろうなあと。

なので可能なら本棚に並べた状態=背表紙が見える状態の管理が可能な電子書籍サービスを探して、そこにしよう!と思ったんです。

eBookJapanへ行きつく

eBookJapanへ行きつくまで、ある電子書籍サービスを利用したことがあります。

品ぞろえは豊富でサイトも見やすいからここにしようかなと。

ただ欠点が前述もしたように背表紙表示できなかった…。(今現在は分かりませんが。)

 

表紙画像はズラズラと並ぶのもそれはそれで良いと思う。

表紙から内容が記憶できていればすぐに選択できるし。

 

ただ漫画の数が増えてくるとお目当てのモノを探すまで結構手間がかかりますから

どんどん億劫になってしまったんです…。

 

とある電子書籍サービスをやめてとにかく背表紙表示を重視したところ、eBookJapanに行きついたわけです。

eBookJapanのメリット

背表紙表示

eBookJapanの本棚より

冒頭にも、タイトルにも、これまでにも散々書いたようにこのように表示が可能です。

(画像はワールドトリガーの一覧)

シリーズでまとめることが可能なので沢山買っても

全ての漫画からお目当てのシリーズを選ぶ→そのシリーズの漫画が並ぶ画面に行くので楽。

 

背表紙・背表紙と連呼してますが、もちろん他の表示形式も選べます。

  • 表紙表示→漫画の表紙が並ぶ
  • リスト表示→小さい漫画の表紙と作品名が縦に並ぶ
  • 背表紙表示→背表紙で並ぶ

なのでその時の気分や用途で使い分けることも可能。

 

※私が購入した限りでは一部作品?出版社では背表紙の画像が実物と違い、作品名や著者名のみもあります。ただ、全体で言えば1%にも満たない。ほとんどが画像のような紙版同様の見た目となってます。

品揃えが豊富過ぎる

色んなジャンルの漫画を読んでますが、

eBookJapanで取り扱っていないってことはまずない

そのぐらいの品ぞろえですね。

過去に連載終了したものならともかく、現在刊行中のものなら大体はあるんじゃないなあと。

品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サイト

とサイト紹介にあるのも納得。

特に漫画には力を入れているので、漫画好きならもってこいなんです。

もちろん漫画以外の電子書籍も豊富。

セールやらセット割等のキャンペーン類

eBookJapanではその時々でセールを実施しています。

特定の出版社の作品ポイント何倍、何十倍とか、

ある漫画が完結したら期間限定で○巻まで無料で読めたり。

なのであの漫画気になってたけど…ってものがセール対象になるとついつい手が伸びてしまうという。

トップページ上部に大きく表示されるので見逃すこともないですし。

 

また、セット割というものもあります。

例えば1巻400円のものを5巻まで買うとすると2000円。ポイントはそれぞれ4ptなので20pt。

1~5巻セットを買うと2000円は変わらないけど、ポイントは100ptとかになります。

基本的に5巻ずつ、完結しているものなら全巻セットとか。

大人買いする時にこれがお得で便利なんですよね。

キャンペーンと同時なら尚お得。

eBookJapanのデメリット

…ないんじゃないかな。

漫画の電子書籍を目的ならまずないと思う。

サイトも使いやすい、見やすい。

リーダーも背表紙表示を筆頭に使いやすい、見やすい。しかもどんどん改良されている。

品揃え豊富でキャンペーンも多い。

私自身は非の打ちどころがないと思ってます。

まとめ

途中からただひたすらeBookJapanを持ち上げることになりましたが、それほど素晴らしい電子書籍サービスなんです。

私みたいに紙から電子へ移行したいけど、出来るだけ紙と同じ管理状態にしたい(=背表紙表示)とかを思ってる方だったらまずここで決まりと思います。

ダウンロードしたけど、当分は読まないかなあと思ったら本棚から削除したり

ダウンロード済書籍を見ればスッキリだし。

リーダーの方もどんどん改善されてきていてるのも良いです。

error: