星野、目をつぶって。 9巻 感想 「志望動機、5人目?小宮登場」

今回も8巻に続き誰なのか分からない表紙。

8巻と言えば小早川と星野が無事?めでたく?付き合ったわけだけど、

この表紙の子がどういう役割で登場するのか楽しみ。
無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野、目をつぶって。 9巻の感想

高橋良い奴、加納の覚悟。(67話)

もう表紙の子出てきたよ…。

やっぱ見覚えないね。

今まで出てきた感じでもなさそうだし。

小早川が物凄く幸せそうだなあ。

そりゃあ星野と付き合うことになったわけだから分からなくもない。

でも歩くなら周りを見ないと危ないよ…。

 

石橋からの詰問。

高橋良い奴過ぎる…。

作中一番じゃないだろうか。

イケメンで性格も良いとかそりゃあモテるよなあ。

だからこそ3巻のアレは驚いたんだけどね。

しかし石橋にばれた時が想像したくもないなあ。

隠せば隠すほどばれた時の反動が大きそうだけど、

星野はなんで公にしたがらないんだろう。

 

加納が素顔で校内歩いてるだと…?

小早川の意味不明な告白の返事を正面から受け止めてくれてるのか…。

彼の言うようにするなら、松方とのいざこざを解消するしかないからなあ。

でもその彼は星野ともう付き合ってるという…。

うーん。秘密にってのは星野の提案とはいえ、このまま隠すのはあらゆる面でダメな気がするぞ。

 

星野、案外束縛強い子だったんだね…。

小早川大変そうだ。

小早川節、懐かしい感じ。(68話)

冒頭のメイクなしの星野の手を挙げるところ。

正直なところ、アレこんな微妙だったっけ?と感じてしまった。

もうちょっと可愛かった気がするんだどなあ。

これなら次ページのメイク済みが断然良い。

 

『女と付き合ってる奴って皆アスリートだったのかよ…!?』

『道中ものづちみてぇにメシ喰ってたろ』

小早川節炸裂。

これがあるから小早川好きなんだよなあ。

最近あんまり見なくなったから嬉しい。

初期のぶつぶつつぶやいてた時は結構あったけどなあ。

 

プリクラのところ。

デートプラン入念に練ってたことばれたけど、早く消え去りたいと思ったけど

それでもお金投入するのを忘れないところ。

ここも小早川の好きなところ。

そして星野、目をつぶって。の好きな表現なんだよなあ。

なんか懐かしい感じが滅茶苦茶してきた。

 

なるほど。

デートでお金要る→バイトする→表紙の子…か。

志望動機のアピール。(69話)

履歴書の志望動機。

よくよく見たら『星野、目をつぶって。1~9巻絶賛発売中です』とあるぞ。

芸が細かいなあ。

そして小早川もよくこんな書けるよなあ。

バイトなんだからそこまで固くならなくてもいいだろうに。

店長さんもそういってるんだし。

 

そしてついに表紙の子本格登場か。

小宮涼子。

しかし学校でとバイト先でと全然キャラ違うなあ。

そりゃあ労働するわけだしあんないい加減では務まらないけど。

小宮→小早川は気づいてる、逆は気づいていない。

まあ無理もない。だって小宮の髪型違うし、性格正反対だし。

 

星野とデートするために頑張る小早川。いいね。

あれだけ小宮に叱られてもへこたれないのは好感持てる。

これは初期の彼では到底無理なことだろうなあ。星野がいるからこそ変わったよね。

異色な存在。(70話)

学校の許可取っていないのはまあ良くはないよなあ。

でも遊ぶ金欲しさ=不真面目感MAXってのは別にそうは思わないけどね。

 

…あのバイト先の子と同一人物とは思えない…。

ON・OFFの切り替え凄まじいなあ。

小宮がああまでしてバイトしてる理由是非とも知りたいものです。

でも星野はそういうこと意識してて、小早川は全く意識してないってのは新鮮。

こういうラブコメものでは普通男側の方が強く意識するものだし。

 

案外早く正体明かしたなあ。驚いた。

『ゴタゴタすんの面倒だからこの職場じゃきちっとしてよう』

…これこそ不純な動機なんだよなあ。

扉絵の彼女もだけどこの漫画には珍しい存在となりそう。

いや少年漫画だし全然OKなんですけどね。

(弓削先生でお願いしたいんだよなあ。)

小宮が12話に。(71話、72話)

正体分かっても今まで通り敬語で話す小早川、真面目。

 

小宮みたいな子は同性から嫌われるよなあ。

嫌でも想像つくね。

ここらへんが鍵となりそうかなあ。

ただ小早川と星野の関係をかき乱すだけの存在であってほしくないなあ。

『事情が複雑みたいで…』

バイトしてる理由も明かされた。

バイトではきちっとしてる理由がアレだったけどバイトしてる理由自体は全然良いじゃん。

なんか小宮好きになってきた。

少なくとも松方や加納よりは全然好き。

 

踏切のところ。

やっぱ良いなあ。弓削先生不在の穴を上手く埋めてくれそうな存在。

ハブられていることを分かってて、それを利用するとか図太すぎる。

それと同時に小宮の素がどっちなのか分からなくなってきた。

最初はバイトの方かなあと思ってて、ろくでもない描写みてそっちなの?って思って。

結局どちらも素なんだろうか。

家庭の事情が複雑が嘘なのは本当なんだろうか。

なんかまだ壁がある気がする。

 

2巻12話の5人。真ん中が小宮という事実判明…。

(正確にはそう思われるというか。

髪型若干違う気がするし、冷や汗かいてたのに、今回のはかいてないし。

でもここであの5人以外の子を出すとも思えないし。)

 

髪型変わってたらそりゃあ分からないなあ。

でもこれで全員出そろった。そして小宮が高橋たちと同じくらい重要人物になるということ。

『新しい出会いに新しい空気に変わっていく自分を楽しむべきだよ!』

これが本心からくる小宮の言葉なら小早川とは対極な考え。

でも小宮の考えも一理あるんだよなあ。

ようはその時その時で小早川の考え・小宮の考えで最適な方を選べればいいんだけどね。

それは中々難しいっていう。

加納と松方。(73話、74話)

加納・松方が少しずつ仲良くなってるようでなにより。

そして松方が素を出せるってのがいいね。

対小早川の松方よりは素の松方の方が断然良い。

キャラも立ってるし。

 

城戸、良いキャラしてるなあ。

ギャグ路線では一番輝くキャラかもしれない。

 

加納も小早川と付き合うっていう理由のためとはいえ

本気で松方に、漫画に、向き合ってるんだよなあ。

城戸の漫画拾い集めるところなんて特にそう思う。

加納のこういう熱いところ良いよね。

読み終えて…。

中盤までは小早川と小宮。

それからは加納と松方ってところでしょうか。

どちらも完全には解決されていないような気がする。

特に後者はまだ壁があるというか。

 

小宮は今後どうするんだろう。

高橋も添島も鍔生も小野寺も小早川が問題解決に奔走したわけだけど。

小宮は彼らとはちょっと違うスタンスだし。

ちょっと感じた闇、壁のようなものが本当にあるならそこからなんだろうか。

(書いてて思ったけど鍔生全然でないね。小野寺もみたいんです…。)

 

巻末のおまけ漫画はなし、その代わりに初期設定画があります!

やっぱ弓削先生に目が行くなあ。

外見ほぼ変わりなし。ちょっと真面目そうな感じ?

元々は星野と無関係…。

今の方向性で良かった。

これ見ると当初はそこまで重要なキャラではなさそうだし。

しかし、もう彼女がいなくなってからずっと言ってる気がするけど

弓削先生いつ帰ってくるんでしょうかね…。

error: