政宗くんのリベンジ 9巻 感想 「じんましんと腹痛の謎、吉乃が一番」

政宗くんのリベンジ、ついに新刊でました。

月刊誌であること、8巻とこの9巻の間に短編集みたいな0巻があったので特に長く感じますね。

8巻が昨年の1/27だからもう1年経ちますからね。

表紙は愛姫。

なんか雰囲気違うなあ、大人っぽい?と思った。

髪おろすだけでこうも印象が変わるものなのかと。

愛姫はだいたい二つ結びだから余計そう思うのかも。

無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク

政宗くんのリベンジ 9巻の感想

兼次退場?じんましん。(40話)

1年も経つと内容が飛んでるなあ。

そうそう8巻ラストでめでたく付き合ったね。

兼次が購買部のバイトか…。

これで一線からは退くということなんだろうね。

これからはたまーに出てくる、モブになりそう。

まあ彼女が政宗を騙って出てきてから微妙だったし。

これでその微妙な思いもしなくて済むということ。

8巻で言ってた『責任とってもらおうかな』もこれで回収したと見ていいかな?

倉庫での2人。

ストーブの件は中々。

とはいえストーブってそんなに重いのかなあ。

体勢が力加えにくそうとはいえ両手使って持ち上げられないとは…愛姫か弱い。

そっからはすれ違い感バリバリ。

愛姫としては昔のようにまるまるとしてほしいんだろうか。

政宗としてはリベンジするために痩せたわけだし、もうあの頃の体型に戻りたくないんだろうか。そりゃあそうか。

吉乃ともあんまりぎこちない感じ。

あれ以来会話もしてなさそう。

あんな衝撃的なことあったらまあしょうがないか。

じんましんが出る=アレルギー的ななにか?

でも愛姫に触れたぐらいしか思い当たることないんだけど…。

もし愛姫に触れたからじんましん出たならこれからどうするんだろう。

そもそもなんでじんましんが出るのか、その原因次第ではあるけど。

吉乃との師弟関係の終わり?2度目のデート。(41話)

『わたしがやったことばらさないでいてくれたから だよ』

政宗が愛姫に近づいたのは復讐目的。

吉乃が愛姫を騙って政宗を遠ざけた、それが政宗が復讐する原因に。

この2点を愛姫が知る日が来るのだろうか。

愛姫の性格上発覚したら大事になりそう。

特に吉乃の件はもう1点にも絡んでくる、つまりは元凶だから普段の彼女たちの力関係見てたらヤバそう。

政宗が吉乃にアドバイスを懇願するところ。

なんだかんだで全然普通そう。もっとぎくしゃくするかと。

『小岩井師匠!』『小岩井様ー!!!』

コートの襟掴んできた政宗をネギで引き離そうとするところ、可愛い。

うーん。やっぱ愛姫より吉乃の方が好きかもしれない。

吉乃のやったことは許されないことだけど、このままサブヒロイン化は惜しいかなあ。

『こうやって連絡とるの もうやめるから』

そうなるか…。そうなっちゃうのか…。

この師匠・吉乃と弟子・政宗な関係が好きだったから政宗同様ショック。

そりゃあ吉乃の当初の目的は果たしたわけだからこれ以上この関係続ける必要はないわけで。

政宗もショックを受けるということは…そういうことと受け取っていいんだろうか?

1巻以来のデート、服装も今回はまともだね。

そして表紙のように髪おろしてる!

というか表紙の服装がこれかな?

やっぱ普段から髪おろすべき。断然こっちが可愛い。

映画館の座席の件。

ここらへん1巻のデートの時の対比で描かれてて素晴らしい。

それに言及してるのも素晴らしい。

滅茶苦茶でかいポップコーン食べてる愛姫、可愛い。

自分の家に呼ぶとか政宗も思い切った行動に出るなあ。

そして家族誰もいないとかなんてワクワクする展開。

家デート、政宗痛恨のミス。(42話)

家に二人っきりということが判明して急に動揺しまくるところ初々しいなあ。

と思ったら即立て直す愛姫って…。

そこは動揺してた方が好感度高いぞ。

お茶が見つからない家なんてあるのか…?

そんな野暮なツッコミは置いといて。

パンケーキのもと発見して目が輝いてる愛姫。

政宗の料理の手際を笑う癖にそれ以上にダメダメな愛姫。

やっぱ落ち着いていて、隙がないよりこっちが面白みあるし、可愛げもあるね。

パンケーキ食べさせたり、昔の写真を未だに持ってること伝えたり、事故とはいえ押し倒したり。

これだけ見るとニヤニヤしまくりなんだけど写真はリベンジするために持ってただけなのがね。

デブのころから変わりたいと思ったから今の体型とか告白したのはいいけど、そう思ったきっかけが愛姫(吉乃)っていう…。

加えてじんましん+腹痛とかもう台無しだよなあ。

まだまだ問題が山積みだ。

誕生日おめでとうがスマホ上のやりとりって切ない…。

すぐ戻れないほど重症なのか…。

リベンジ張を見られるとか痛恨のミスだろう…。

コートのポケットに入れてデートしてるって迂闊にもほどがあるって。

でもこれをきっかけに上記の1点目が発覚するのかも。

じんましんもおそらくは心底から好きで付き合っていないからとかだろうから、

問題を解消していけば治るはず?

深まるじんましんの謎。(43話)

政宗と寧子の出会い。

2巻で嘘の出会いを吹聴し、4巻で一緒に写真に写ってるところがあった。

この回想はそれの詳しい描写なんだけどそもそも寧子自身にあまり興味がないというか…。

愛姫や吉乃に比べるとどうしても弱いんだよね。決め手に欠けるというか。

この漫画の主題が政宗が愛姫にリベンジするというもので、

リベンジする原因となったのが吉乃の行為だから寧子は完全に蚊帳の外だし。

途中の扉絵の話数が43のはずなのに37になってる。

これは誤植?単行本化にあたって何らかの手違いが起きたのか

それとも電子書籍化にあたってなのか分からないけど。

まさかの寧子のターン到来かと思いきやじんましん発症とか謎が深まるばかり。

てっきり政宗と同じく『まだ言ってないことがあるから』が起因してるかと。

寧子でも出るということは愛姫だからというわけではない。

原因が全く分からん…。

寧子は政宗に過去出会っていたことを打ち明けたし、じんましんでたし

これは完全にヒロインの座から降りたということかな?

…椎堂さんそれは理不尽過ぎるのでは?

ギャグ描写にしてもちょっと不快。見てくれはいいのに…。

吉乃でいいじゃん。(44話)

吉乃の出番!

成乃も少しだけど出てるとか嬉しすぎる。

お姫様抱っこされて恥ずかしいあまり投げつけるところとか

足痛くて歩けないはずなのになんとか歩こうとするところとか。

やっぱ吉乃なんだよ。

少なくとも兼次や寧子ではないんだよ。

お姫様抱っこのコマ→赤面のところとか最高過ぎる。

政宗役得ですなあ…。

ある意味お姫様抱っこよりずっと得してるだろうよ。

それに気づかないとか吉乃は鋭いのか鈍いのか。

『スカートだと…』のコマの冷ややかな眼差し。なんか目覚めそう。

吉乃みたいな普段ぽーとしてる子がこうすると破壊力満点。

吉乃ではじんましんも腹痛も発症しない

これもう吉乃でいいじゃん。それで万事解決じゃん。

とはいかないんだけどね…。

にしても政宗軽率。

発症するか確認するためとはいえ過剰な接触だし、

『…付き合うなんてしなきゃよかったな』

失言過ぎる…。政宗ってこんなにダメ主人公だったけ?

吉乃の怪我の手当てする愛姫。

なんだかんだで優しいよね。

吉乃からしたら愛姫が優しければ優しいほど罪悪感半端ないんだろうけど。

『そういうこというなばか!』

吉乃的には

『師匠と計画練ってるときが一番楽しかったかもしれない』

こっちの方が響いたんだろうなあ。

むしろあの失言があったからこそ我に返ったのかなあ。

しかしこれ完全に惚れてますね…。

8巻での『大嫌いからはじまった…』はやはりそういうことか。

政宗をやけに避けていたのもそういうことか。

かつての騙り行為に加えて吉乃の愛姫に対する後ろめたさが大きくなっていく。

読み終えて…。

前半は愛姫、後半(というか最後)は吉乃。間に寧子。

でも印象に残ったのは吉乃と少しだけ愛姫という結末。

まあ寧子は完全に退場するっぽいし、兼次もそうっぽいしこれからは愛姫vs吉乃で落ち着いてほしい。

メインヒロイン2人がこれだけ魅力的なんだからもう余計な人いらないというね。

個人的には吉乃を推したいけどまあ愛姫なんだろうね。

吉乃は騙り行為という十字架を背負ってるから愛姫を差し置いて報われるとかはないだろうし。

それにしても吉乃はじんましん出ないのはなぜだろう。

異性というより悪だくみする友達って意識が強いから?

もしそうなら残念…。

無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

※当ブログで引用されている画像等の著作権は各著作権者様にあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: