青春兵器ナンバーワン 5巻 感想 「アース零一、捨て身の37話」

またしても違ったタッチの表紙。

なんかギャグ漫画には勿体ない(すみません)カラーの上手さじゃないでしょうか。

そして5巻にちなんでかゴローが表紙のメイン。

しれっとツーも初登場とにぎやかなんだけど、

前面の委員長の素晴らしい笑顔が中和してる感じ。

無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青春兵器ナンバーワン 5巻の感想

先生可愛すぎる。ツー!!(35話)

ツーのお話なんだけど、先生可愛すぎでしょ。

1巻から登場してる担任の先生。

もうちょっと焦点当ててもらいたい。

なんならメイン回やってもらいたいぐらい。

 

ツーのコンセントの件、周知の事実なの…。

機密情報レベルなんだと思うんだけど緩いなあこの学校。でも緩いからこそ面白い。

ちょくちょくでるクラスメイトの緩い反応に癒されるし。

 

ツー(作画労力すら最低限)。

自虐ネタも入れるのはギャグ漫画家の鏡。

でも実際描くの楽そう。

絵心皆無な私でも描けそうと思えるレベル。

でもそうでもないんだろうね。

 

MAPPOで電力供給とか英二さあ。

もう完全に毒されてるよなあ。

加えて零一とハチは敵中に突入ってこと。

どいつもこいつも良い馬鹿ばっかりだ!

 

ツーを息子といった英二。

やっぱり英二がボケに回ることこそ至高。

あの焦点どこに合わせてるのって目が最高に笑える。

 

動力室墜落させてからは怒涛の展開。

というかなんで墜落ボタンがあるのか。それが許されるのがギャグ漫画。

さっき英二息子発言を褒めたけど

零一『足くじいた…』がこの話の一番面白いところかな。

英二ボケ回。(36話)

これって英二ボケを望む人からしたら最高のお話じゃないか。

2巻の夏休みに匹敵するぐらいボケまくりな英二。

 

藤さんからしてみれば一種のホラーだなあ。

まあ起きていたからこそ驚きも少なかったと見るべきか

起きていたからこそ気付いてしまって…と見るべきかは置いといて。

 

『メルルルルィクリスマス!!!』

ここの英二の目が狂気に満ちてる。

とても人々の平和のために行動してるあの彼と同一人物とは思えない。

 

久々に登場した気がする東くん。

希望するプレゼントに物凄く深い闇を感じるなあ。

あんだけ人気あって困っているように見えなくても…。

 

最後の英二と零一。

すっかり仲良しコンビになったね。

というか零一が幼過ぎるのもあるけど、英二が親父に見えるぞ。

これぞギャグ漫画。(37話)

これ…大丈夫なのか?

1ページ目からもう分かったけど、

尾田先生にはもちろん許可取ってのことなんでしょう。

というか尾田先生ってそこらへん寛大な気がする。

 

でもこれで行こうって思った長谷川先生も素晴らしい。

普通その掲載誌の伝説的作品を基に、それもギャグとしてなんて考えもしないからね。

考えついてもやろうとは思えないからね。

でもここ最近のギャグ漫画ってこういうリスクを取ること減った気がするね。

それにこれは原作へのリスペクトを十分に出してるから不快感ないと思う。

その点も素晴らしい。ただただ笑いを取るための道具にしてる感がない。

 

麦わら帽子の辺りで完全に原作のタッチに変わってるんだよね。

芸が細かい。

 

『宴だーーーーーー!!!!!!』

もう完全にアウト…。

しかしよくこのページ数で色々突っ込めたなあ。

 

そして何気にラスト2ページのアンヌの顔がツボ。

なんであんなに険しい表情してるんだ。

これももしかして原作準拠?

しおらしいアンヌとアース零一。(38話)

英二とアンヌが一体一でまともに話してる場面は何気に貴重。

というかこの2人一切恋愛的な物ないなあ。

アンヌが誰かを意識するとしたら英二以外ありえない。

英二であってほしいけど、ギャグ漫画だしそこらへんは控えるのかな?

 

『おいしいよォ白百合さん!!!おいしいよォ~~~~~~!!!!』

次のページの零一…。

まさか主人公がこんな無惨な最期とは…。

ギャグ漫画だからこそ許される展開なんだけど、これは予想できなかった。

 

駆けつけた元凶のアンヌ。

涙目が最高だね。

というか泣くってことはそれなりに友好的な感情を持ち合わせてるようで。

 

アンヌのチョコで復活する現金な零一、大好き。

目が血走ってる辺り細かいなあ。

そして二度目のってのはまたもや不意を突かれた。

 

アース零一!

想像してみたら常に騒音被害を受けているのと同じだよね。

そりゃあうるさいことこの上ない。

黒部先生。(40話)

39話は委員長・ゴローのお話。

正直彼らのお話は好みじゃない…。のでスルー。

委員長は大好きなんだけど、ゴローはちょっと…。

 

黒部先生に尽きる。

もうこの先生レギュラー化してほしいぐらい。

難しいなら他のシングルナンバーズみたいにたまに出るとか。

 

アンヌはなんでまたクワっとしてるんだ?

爆発→脅威と認知したのか。

一応彼女もMAPPOのエリート隊員ということか。

あと何気にここのハチが凄く可愛い。

マッドサイエンティストなハチ再び。(41話)

ハチが久々にマッドサイエンティストな一面を。

3巻の体育祭が記憶に一番残ってるかな。

 

ハチのやったことはまあダメだよね。

超えてはいけない一線を平気で超えちゃった感じ。

でもこのアンヌも魅力的だよなあ。

 

東君との会話が笑えた。

英二のツッコミが冴えわたってる回でもあるんだなあと。

本当零一何様?って思ったらすぐ左に書いてあるんだもん。

 

でも零一がアンヌのどこが好きになったかが分かったんだけど

まあ人にはそれぞれ趣味嗜好があるから…。

私には理解できないものなんだけど。

だって『お前アイツのどこに惚れたの!!!?』

これが的を射すぎてるんだよなあ。

先輩風。(42話)

進級だと…?

ギャグ漫画で時が明確に進むって大丈夫なんだろうか。

まだアレは宣告されていないよね?

でも順番はぎりぎりっぽいような…。

少なくとも10巻ぐらいまでは続いてほしいぞ。

 

気を取り直して先輩になった零一。

まさか先輩風吹かすをこう表現してくるとは…。

ただただ脱帽ですよ。

零一が兵器だからこそできることでもあるんだけど、中々思いつかないって。

 

食堂の裏メニューを聞く後輩が一番面白かったかな。

あの傘意味をなさないと思うんだけど…。

あと少し良いお話にしたのも驚いた。

後輩の子にエールを送る零一…滅茶苦茶可愛い。

(この後輩の子これ限りなんだろうか?)

読み終えて…。

今回も読み切り載ってて少しボリューム不足。

そして担当さんが交替という衝撃的事実…。

これが今後にどう影響するか心配だなあ。

齊藤さんがいたから面白かったという事態だけは避けて頂きたい。

杞憂だとは思うんだけど…。

error: