ワールドトリガー 17巻 感想 「香取たちの過去と成長、ヒュース入隊へ」

香取ってやっぱ見てくれは最高だなあと思う。

そんな17巻の表紙。

ただ香取隊の隊服ってあんまり好きではない…。

無料立ち読みあり
無料立ち読みあり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワールドトリガー 17巻の感想

万能なスコーピオン

前の16巻ラストで柿崎さんに捨て身の特攻を受けた遊真がどうなるのか、それ次第では玉狛第二の敗北も十分あり得ました。

流石に中心部はシールドで防御していたとはいえ深手を負った模様。

その傷をスコーピオンで蓋しているのはなんかシュールな光景。

いつも遊真の発想には驚かされます。

まさか武器のスコーピオンでそんなことするなんて。

出水たちの反応から今までにない使い方だろうし。

ただそもそも遊真にしては迂闊な攻め方だったようにも思える。

あんなに近づいてまで柿崎さんに攻撃する必要ってなかったよな…。

修の精神年齢

香取との差…。

とはいえ流石に修の年齢を疑ってしまう。

この名言は1巻以来かなあ。

あの時から、それ以前から修の信念は全く変わっていないことが分かりますね。

 

この香取との会話で久々に冷や汗かいている修を見れた気がする。

このランク戦はずっと余裕な感じで戦ってきていたから。

 

よく考えてみたら修は中3、香取は高1ぐらいの年齢だったような気がする。

だったら香取が年齢相応だよなあ。

ボーダーは、というかワートリは落ち着いたキャラが多いから勘違いしてしまった。

そう考えたら香取は良いキャラかも。

二宮隊・影浦隊みたいに普段の他の隊員との会話が増えればまた違った印象も持てるかもしれないし。

修の成長

対若村の修は素晴らしいとしか言えない。

一緒に三浦も近づいてきているのになんだこの冷静な対応は。

ワイヤーで転ばせてスラスターで追撃。

そっからの置き弾アステロイド。

この一連の流れが素早いため三浦も背後からっていかなかったんでしょうね。ワイヤーもあるし。

それに置き弾のところ。

香取との会話の時にレイガストに隠してぽろぽろっと仕掛けてるのが分かる。

読み返すとまた発見があるのがワートリの良いところの一つですね。

香取と染井の過去…。

…。

第一次ネイバー侵攻がいかに酷いものかを再認識。

前にも三輪と迅さんの過去であったような気がするけど、ここまでやられて黙ってはいられないよね。

城戸司令派が多いのも頷ける。

瓦礫の中から香取を助けた染井の手が…。

いつも手袋していたのはそういうことかあ。

やっぱ回想でちゃんと描写されると一気に好感が持てるようになるなあ。

助けた理由も絶対屋根云々だけではないだろうし。

ただ香取はこんな背景あっても今の現状なのね。

尚更努力していないとダメだろうに。

もう反則の域

千佳のレッドバレット+ハウンドはもう反則レベルでしょう。

照屋さんの眼から光が消えてるもん。

この千佳vs照屋さんも見ごたえあるものでした。

建物の破片でレッドバレットを防御なんてよく咄嗟に思いついたなあ。

少しでも狂ったら一緒に重りつけられただろうに。

鉛弾ハウンドに捕らえられても最後まで諦めずに千佳を落としたのも見事。

照屋さんも巴も臨機応変に対応ができるからつくづく柿崎さんの慎重さが命取りになっちゃったなあ。

まあ結果論だし、柿崎さんの考えももっともだし。

『悔しいって思えるならまだ強くなれるはずだから』

終わってみれば香取隊・柿崎隊が今後大きく成長するためのランク戦でもありましたね。

最後には染井からありがたい名言も。

泣き喚く香取はランク戦時とは別人のよう。

もし香取が堕落せず真剣に練習に励むようになれば恐ろしく強くなる気がする。

修を仕留めたところも香取の天才的センスあっての技だろうし。

 

影浦の使うスコーピオンを2本つなげて伸ばすやつ。

マンティスって名前なんだ。

誰が名前を付けたんだろう。

影浦が考案したとはいえ影浦の付けた名前とも思えない…。

策士、修

すんなりヒュースの入隊許可を勝ち取ってしまった。

遠征の道中のガイドに役立てる。

林藤支部長にあえて否定的な意見を言わせて、そこに反論するってやり方、上手すぎる。

というかもう上層部で修とあまり親交ない人物って城戸司令と根付さんぐらいだよね。

とはいえこの説得は素晴らしいものだけど。

 

ただ条件として千佳を遠征に連れていくという城戸司令のお言葉。

それ自体は合理的なんだけど、言い出すタイミングがまた憎らしい。

何もヒュースの入隊許可言い渡した後に言わなくても…。

ここらへんは城戸司令が上手ということ。

鬼怒田さんが珍しく城戸司令に反対してるのは良かった。

だんだんと娘さんを重ねてみてるのかな。

 

遠征部隊の演習を綿密に行うために日程を早める。

そのため今回玉狛第二はA級に上がれない…。

ここだけ聞いたら修同様何言ってるんだこいつは?と思った。

 

でも

千佳を連れていくことでB級からも遠征に行ける。

B級2位以上が条件。

千佳の了承を得ずに言うのはフェアではないと判断した。

 

城戸司令って冷徹に見えて温情もあるよなあ。

それにB級2位以上ってことは二宮隊と影浦隊どちらも上回る必要がないということ。

おそらくは影浦隊に打ち勝っての遠征かなあ。

正直二宮隊に勝つ未来が見えない。

影浦隊はユズルいるし…。

生駒隊と王子隊

キャラが濃すぎる。

主に生駒隊と王子隊長。

生駒隊はなんでみんな関西弁使ってるの?

なんで途中から食堂のメニューや生駒さんの好きなカレーに話題変わってるの?

とはいえ生駒隊の空気物凄い良い。

生駒さんと水上の掛け合い面白い。

隠岐は烏丸先輩にどこか似てるなあ。

グラスホッパー持ってるスナイパーって今までにないし。

南沢は…。正直一人だけ浮いてる。関西弁じゃないし、見た目も普通。

オペレーターの細井真織(マリオ)が中々に可愛い。

マリオってあだ名、それでいいのかね…。

 

王子はなんで変なあだ名つけてんの?

それを受け流してる蔵内樫尾橘高を見るにいつも通りなんでしょう。

王子のキャラが際立っておかしいけど、他の隊員は真面目だなあ。

真面目に作戦会議してる王子隊とふざけまくってる生駒隊。

どっちにしろずっとB級上位に名を連ねているから強敵でしょうね。

読み終えて…。

柿崎隊・香取隊とのランク戦が終わり、ヒュースの入隊許可を得て、次のランク戦へってな感じですね。

ランク戦の間のお話がヒュース関連で潰れてしまったのが残念。

てっきりワイヤーの件で木虎との件があるだろうと思ってた。

 

生駒隊・王子隊戦前の上層部の話見るにまだまだ困難はありそう。

たとえ遠征隊条件に適っても…って展開はいらないけどなあ。

もしヒュースが始末されるなんてことになったら悲しい。

アフトの一員として攻めてきたあのヒュースは消え去ってしまったんです。

error: